わきがで悩んでいる人が多いと言われていますが、性差はあるのでしょうか。

アクポリン腺の数がわきがに直結していますから、アクポリン腺が男女どちらに多いかを調べればいいのです。

一般に男性の方がアクポリン腺は多いと言われています。

ただ、個人差がありますから、女性でもわきがで悩んでいる人もいるのです。

つまり、わきが対策をするのに男女を意識する必要はありません。

自分がわきがで悩んでいれば対策をすべきでしょう。

具体的な対策はいくつかの方法があります。

市販の薬を利用して汗を抑えることもできますし、美容クリニックなどで手術を受けて根本原因を取り除くことも可能でしょう。

手術の場合は40万円程度かかりますから、それを承知で検討してみてください。

わきがを気にしている人の多くが女性です。

これは女性の方が臭いに敏感なためと考えられますが、必要以上に気にしている人の方が多いでしょう。

エレベーターの中で臭いが充満するような状況が毎回発生するとは考えにくいのです。

インターネットでわきがの悩みを打ち明けている人の多くは会社でひどい差別を受けています。

笑い話にもならないような状況です。

わきががひどくて仕事にならないのかもしれません。

そのような状況は早めに対策を打つべきですが、単にわきがの問題では済まなくなっているのです。

つまり、始めはわきがの問題だったかもしれませんが、それが会社内のいじめに発展するのです。

そうなるとわきが対策をしても状況は変わらないのです。