秋冬は特に要注意!
気になる体臭。

お洒落が楽しいこの季節に脇汗を気にしたくはないですよね。

寝る前にさっとぬるだけで暖房や重ね着でもさらさらの脇!
ヨーロッパで人気のデオドラント!
発刊を抑えて汗じみとわきがを撃退です。

ヨーロッパで常に大人気のデオドラント。

ワキの下の汗を抑えて、臭いもシャットアウト。

臭いの原因である細菌の育成と増殖を抑制し、細菌が汗を分解して出す嫌な臭いを予防。

汗ジミや臭いで恥ずかしい思いをすることはもうありません。

また、嬉しい無香料タイプなので香水の邪魔にもなりません。

秋冬に体臭が発生するメカニズム。

秋や冬に汗をかき体臭が発生しやすい理由とは?
汗は、身体の基礎代謝によるもの。

人間の体は、寒い時期には体温を保つために代謝率が高くなり、汗をかきやすくなっています。

冬服は熱を逃がさない材質・構造であり、寒い外から暖かい室内への移動という条件を重ね、汗をかいてしまいます。
また、皮膚同士の密着度が高い脇の下は特に汗をかきやすくなっています。

特に秋冬は気を付けましょう!
・暖房や人から熱が発せられる満員電車!
・冬場に多くなる、暖かいお料理を前にしての飲み会の席
・暖房の効いた職場の事務所(人は仕事などに集中しているときに、汗をかきやすくなっています。

体臭というのは汗をかいたあとに発生するんです。

汗をかくと体臭が発生してしまうのは、汗をかくと皮膚表面の常在菌が増殖するからです。

皮膚常在菌は水分と栄養分によって繁殖します。

つまり、汗と皮脂や角質をエサとして菌が繁殖します。

常在菌が、それら栄養分を分解する時に臭いが発生する仕組みとなります。

その証拠にお風呂上りなど、通常は、常在菌の数が少ないので、ほとんど体臭を感じることはありませんよね。