黒ずみ対策 ついにできたを。



黒ずみ対策 あなたがいるから楽しい


  デリケートゾーンの黒ずみ対策・VIO美白パック…etc. このようなサービスや商品をよく見かけます。  ブラジリアンワックスを提供していた頃から、VIOの仕上がりを鏡で確認していただくと「私ってこんな色してたの?!」と驚きショックを受ける方も少なくありませんでした。  私も実際、20代の時には悩んだものでした。  でも今では、「私たちアジア人の乳首やアンダーの色は、大人であれば平均してダークトーンである」 「元々生まれ持ったメラニン色素によるものなんだ」ということが分かったので、悩むこともなくなりました。    私たちアジア人は、2種類のメラニンが混合しているタイプになります。 メラニンには、ダークになるeumelaninと、ピンク系になるphomelaninという2種類があります。 ダークな方はよりeumelaninの割合が高く、色白な方はよりphomelaninの割合が高いのです。  ここで、ご自身のデリケートなところについて、好きになれない、悩んでしまう女性に心からお伝えしたいことがあります。  「生まれ持った自分を受け入れて愛しましょう」ということです。  特に、日本では「色白は七難かくす」などといわれ、色が白い、ピンクなイメージが良いとされているように感じます。 だからこそ、美白商品の宣伝では「乳首やアンダーがダークでは彼氏に嫌われてしまう!」といった謳い文句で、多くの女性が傷つき、コンプレックスを刺激され、どうにか改善したいと商品を手にとってみたかもしれません。  でもね「そんなことで女性を嫌いになるようなら、とても低レベルな男性です」  そして、乳首やアンダーの色は元々生まれ持った皮膚の色であるため、美白製品によって万が一白くなったなら、それは何か、とても不自然な成分による不自然な効果であることは違いありません。  不自然なものを、最もデリケートなところに塗布することは、安全ではないように思います。  ビキニラインの黒ずみが気になるという方は、この5つをコツコツと継続してみてください。自分自身のお肌を一番健康的な状態に保ちましょう。  カミソリで剃らないこと 熱や粘着性が高いワックスを使用しないこと コットンなどの摩擦が少ない柔らかな下着 圧迫のないお洋服 刺激になる成分が含まれない保湿剤  皆さんお一人お一人の美しさを持っています。 否定するのではなくて、それをもっと輝かせるようなお手入れをしていきませんか?  Saki